低血圧の方に良い簡単な運動|低血圧改善のための効果的レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

分かっていてもなかなか実践できない人のために

低血圧の方は大半が運動が苦手。
学生時代のクラブ活動も文化部だった。
小さいころから運動という運動をしたことが無い。
スポーツは見るのはいいけどするのは・・・。

 

そんな方の生活を変えようという事は大変です。
しかし、低血圧の症状はつらいでしょう?その辛さを打破するにはやはり運動は欠かせません。最初から、やるぞ!と意気込んでも続きませんので、出来ることから始めるためのお手伝いをします。

今の生活を見直してみましょう

最初に考える事は、生活習慣を見直してみる事です。
規則正しい生活は出来ているでしょうか?

 

決まった時間に起きて3食きちっと摂って車はあまり使わず電車や徒歩で通勤して疲れたら休み、決まった時間に寝る。
これが一般的な規則正しい生活ですが、現代人にはなかなかできない悩みでしょう。
まず、この生活習慣を身につけることから始まります。

 

check

 

生活の流れ

 

といっても、自分には無理だと思う方は、この中の出来ることだけでも実践してみましょう。

 

この中に運動というものが含まれていないように思いますが、「車を使わずに」という点に注目して下さい。これは、ウォーキングに繋がります。そして、距離や時間を少しずつ延ばしていくと自然に慣れていき、適度な運動が実践されます。

 

ページの先頭へ

ウォーキングを始めよう

ジムに通ったりするような本格的でなくても大丈夫。家の周りを軽くウォーキングする程度でいいんです。

ウォーキング


ウォーキングは、下半身の強化になり、第二の心臓と言われる太ももが全身に血液を送るポンプの役割をしますので、手軽に始めて続けられる運動です。

 

低血圧でよくみられる立ちくらみは、下半身に血がたまっていて、立った時に脳に血液が行かず起こります。ですからウォーキングで下半身を強化すると、立ちくらみも無くなり、血液も正常に全身に流れます。

 

季節に合わせて、特に夏は水分補給をしながら午前中の涼しい時間帯にゆとりをもって行うのがベストです。

 

ページの先頭へ

正しい歩き方をマスターしよう

低血圧だけではなく、すべての体調を良くする効果があると言われるウォーキングも、正しい歩き方を実践して効果が出るものです。どうせチャレンジするなら正式な方法をマスターしましょう。

 

ただ、ウォーキングをする前に、気を付けておきたいことがあります。
朝起きてすぐにウォーキングに行く場合は、水分をしっかり摂ってから。
朝起きて気分が悪い場合は、ウォーキングは諦めて布団の中で少し様子を見る。
夜、ウォーキングに行く時も水分補給は忘れずに。

 

水分補給には脂肪や乳酸を素早く燃焼してくれるクエン酸とアミノ酸が補給できる効果的な飲み物が適していますが、普通のスポーツドリンクやミネラルウォーターでも良いですので、持参して出かけましょう。

 

また、ウォーキングに行くことが辛い場合は、家の中の階段を利用する手もあります。

ストレッチ

ゆっくりと1段上がってその場に立ち、ゆっくりとそのまま降りるを10回ほど繰り返します。適当な台があれば、それを利用してもいいです。

 

では、ウォーキングへ出かけましょう。

コースは家の近く歩いてを約10分ほどで帰れる範囲から始めましょう。
徐々に時間を延ばしていけばいいですよ。

 

正しい姿勢は、

 

正しい姿勢

1.頭のてっぺんから糸で上に引っ張られているようなイメージで背中を伸ばすことを意識します。
この意識を保てば、背筋が伸びてまっすぐ立つことが出来ます。

 

2.お尻の筋肉を引き締めるとともにお腹を引っ込めます。

 

3.軽くあごを引きます。

 

4.視線は足元など見ないで、まっすぐ前方に送ります。

 

これで、正しい姿勢で歩く事が出来るはずです。最初はゆっくりから始めましょう。また、足の運び方は、かかとから着地し、つま先で蹴り出すように歩きます。

歩き方

膝はなるべく伸ばし、腰から前に出すようなイメージで歩きます。

 

ページの先頭へ

ウォーキングの服装

形から入る方もおられるでしょうが、とりあえず持っているもので考えましょう。

 

服装

 

体を動かしやすく歩きやすい、そして保温性や汗の吸収・発散性に優れた素材の服装を選びましょう。
しかし、ウォーキングがなかなか続かないという方は、出かける時の服装を色々と考えているうちに、テンションは上がって来てやる気も出てくるでしょう。

スポーツカジュアル


ちょっと奮発して、自分へのご褒美としてウェアを揃えるのもいいでしょう。

 

ページの先頭へ

 

オススメのスポーツシューズ

靴は、膝や足の関節に負担のかからないようなスポーツシューズがおすすめです。
普通のスニーカーでは、靴底が硬くて歩いているうちに痛みが出てきますので、エアの入った、専用の靴を履く事をおすすめします。

 

歩くことを重視した、スポーツシューズは色々な利点があります。長距離を歩いても疲れないのが一番のメリットですね。
お高いんじゃないの?なんて思われている方に、是非おすすめしたいのがスーパースポーツゼビオのシューズです。

スポーツシューズ


機能性に長けていて比較的リーズナブルなお値段で手に入りますから、軽いウォーキングから専門的なスポーツ選手まで利用していますよ。

 

特に、オススメなのは、ランニング・ウォーキング・スニーカー・サンダル・トレッキングに分かれていて、
また、疲労対策アーチウェッジやGPS ノーフットポッドなどのシューズ小物まであります。

ページの先頭へ

ウォーキングで筋力アップ

低血圧の人は下半身の筋力が弱い人に多いようです。逆に筋肉質の方に低血圧の人は少ないと聞きます。

 

下半身の筋肉は、ポンプの役目をして下半身に溜まった血液を心臓へ送り返す働きをしています。この筋力が弱いと、送り返すパワーも弱いですから、低血圧を引き起こす原因になります。そこでウォーキングで筋力を付ければ、低血圧も改善されるという仕組みです。

 

ただ、ウォーキング中に知り合いに出会って立ち話などで立ち止まると、

立ち話

せっかく動き出している血液が滞ってしまいますので、立ち話で立ち止まる時間は2〜3分程度で済ませましょう。

 

ウォーキングは少しの時間でも、長く続けると効果が出ます。
特に筋力の低下を感じる方は、標準レベルまで戻すと低血圧も改善されてきますので、根気よく続けてみましょう。しかし、決して無理はしない事。イヤイヤするのと楽しんでするのとでは精神面に違いが出ます。

 

無理なく根気よく楽しいウォーキングで、辛い低血圧からさよならしましょう。

 

ページの先頭へ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トップページ ご利用にあたって